ホーム > お茶の淹れ方


1、お湯を人数分の湯のみにつぎます。


   お湯を冷ますためとお湯の分量を量る事が出来るためです。茶碗から茶碗へ移すと1回で10度下がります。

2、急須に茶葉を入れます。

   茶葉の量は、1人当り60ccで約2gほど。

3、1であらかじめついでおいた湯のみのお湯をゆっくり急須に注ぎ、お茶の葉が開くまで1分待ちます。

   急須は揺すりません。揺するとお茶の中の苦みの成分が出てしまいます。
   約1分経ってお茶の葉が開いたら、急須から湯のみに均等につぎ分けます。

4、つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように注ぎまわします。

   注ぐときには急須に残らないように、必ず最後の一滴までしぼるように注ぎきって下さい。



お湯の温度によって味わいが変わります。以下を参考にしてください。

50度     
   旨み成分を引き出す。アミノ酸を効果的に摂取できる。
   《おすすめのお茶》 睡蓮

70度〜80度 
   渋みを抑えて旨み成分を引き出す。カテキンを効果的に摂取できる。
   《おすすめのお茶》 鶴齢、瑞雲、宝珠、蓬莱、粉茶

100度    
   香りや渋みの成分を引き出します。カテキンを効果的に摂取できる。
   《おすすめのお茶》 京香

   *渋い煎茶が好みの場合は高温度でお楽しみください。