ホーム > 製品案内 > 翠雪

翠雪 sui setsu (抹茶)

抹茶とは新芽の育成期間中に覆いを被せ日光を遮って育てたものを細かく挽いたお茶です。
日光を遮ることで甘味やうまみ成分がましまろやかな旨み、茶葉が鮮やかな緑いろになります。また本来のお茶葉茶葉を揉みながら乾燥するのに対して抹茶は揉まずに乾燥し、茎や葉脈を取り除き葉の柔らかな部分だけを使用しています。
用途は様々、ご家庭で抹茶ラテ、焼酎抹茶割り、その他洋菓子作りなどにお勧めです。

★おすすめの飲み方 
《冷し抹茶》
5g 水2L
ご家庭などにある容器などに入れてシャカシャカ振るだけ。そのままでもお酒に割ってもOK。
《抹茶ラテ》
1g〜2g 牛乳200cc グラニュウー糖小さじ1杯 
温かい牛乳に混ぜて出来上がり。

【香り】☆☆☆☆
【渋み】☆☆
【甘み】☆☆☆☆

600円(税別)
【内容量】   50g
【原材料】   煎茶(埼玉県狭山、鷹ノ羽森田園茶畑産)
【消費期限】 製造年月日より1年間

 お電話かメールにて、以下の内容をご連絡ください。

 @お名前・連絡先・住所
 A商品名・個数
 B支払い方法選択(郵便振替・代金引換)
 
 《電話》 04−2942−0845
 《メール》 info@takanoha-moritaen.com


 *お支払い金額は【商品代金+送料+代引き手数料(代引き利用時)】になります。
  その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。




抹茶になる茶葉です。 新芽を生茶管理機で保管します。

生茶を蒸気で蒸します。
下から風を送って冷却します。 約200度で乾燥させます。

葉と茎を分離後、再乾燥します。
抹茶の原料となる《てん茶》です。 石臼で挽いて抹茶となります。

森田園の抹茶『翠雪』です。